おわたまし

0

Posted on : 21-9月-2009 | By : admin | In : 日記

今日は、ある門徒さんが仏壇を購入されたとのことで、おわたましを行ってきました。おわたましとは富山県の方言で、正式には入仏法要といいます。おわたましと聞くと、言葉の響きで、魂を入れることのように思われがちですが、漢字では御移徙と書くそうです。移動の移はもちろんですが、徙の字もうつす、うつるという意味だそうです。つまり仏様を我が家にお迎えするのに移動してきていただくという意味です。そして、新たに仏様をお迎えした慶びの法要が入仏法要であり、おわたましであります。

日々成長

0

Posted on : 11-9月-2009 | By : admin | In : 日記

お久しぶりです。仏の子(あまり真宗に詳しくない方には、それじゃお前は仏か?と言われそうですが、真宗ではわが子も仏様から預かった子供、また、仏から見たら私もあなたも仏の子と言います。ちなみに仏教婦人会のテーマも、仏の子を育てるであります。)は日々すくすく顔を変えて成長しています。いつまで見ていてもあきません。道元禅師の言葉に人は生まれながらにして善悪というものがあるのではなく、縁に触れて善になったり、悪になったりという言葉がありますが、産まれたての子供には悪がないように見えます。嫌なことがあっても、子供の顔を見れば忘れることができるという人の言葉を実感しました。

第一子誕生!

0

Posted on : 02-9月-2009 | By : admin | In : 日記

9月1日午前11時13分に第一子が産まれました。予定日よりも3週間も早い出産でしたが母子ともに元気です。出産に立ち会ったのですが、女性の底力を見せつけられ、圧倒され、ただ立ち尽くしてしまいました。自分もこんなふうに産まれたと思うと、母親にも頭の下がる思いです。ちなみに名前は一乃(いちの)で2714グラムの女の子です。これからは父親として、仏の子を護りぬこうと思う今日このごろです。